祭り囃子試聴室

リアルプレイヤーを無料で
ダウンロードできます
祭りに欠かせないのが祭り囃子、これを聴くと「心ウキウキ、血が騒ぐ!!」ってもんです。
潮干祭の各組にも古くからの伝統的な祭り囃子が現在まで伝承されてきています。
詳しい講釈は追ってボチボチやっていくことにして、まずは音だけでも聴いて潮干祭の雰囲気
を味わってみてください。


上が能管、「道行き」や「曳き下ろし」等の演奏に使われる
下が草笛、「打ち囃子」や「神楽」の演奏に使われる

径の違いにより、能管は太く重々しい音色を発し、草笛は
細く軽やかで明るい音色を発する


山車通常
巡行時
曳き下し
曳き回し時
打ち囃子
行列時
東 組 道 行 き 打ち囃子 能管を使わず、すべて草笛で演奏
曲調も他と異なり独創的、「宮本」としての特殊性からか・・・・
石 橋 組 道 行 き 曳き下し 打ち囃子 「道行き」「曳き下し」「後戻り」(以上能管を使用)
「打ち囃子」(草笛を使用)の4曲を持つ最もオーソドックスなスタイル

石橋、中切、西の「道行き」「曳き下し」「後戻り」はもともと同一曲で
あったものが伝承の過程で微妙な差違ができたと言われている
中 切 組 道 行 き 曳き下し
〜後戻り
打ち囃子 石橋と同様「道行き」「曳き下し」「後戻り」(以上能管を使用)
「打ち囃子」(草笛を使用)の4曲を持つ最もオーソドックスなスタイル
田 中 組 道 行 き) (た か) 道行き時の
曲を使用
もともとの「打ち囃子」をアレンジした「道行き」と、同じく「打ち囃子」
のサビの部分をアレンジした「たか」の2曲のみ(どちらも草笛使用)

以前は他組と同様の曲構成であったものが、何らかの理由で能管
の使用を中止、代用として現在のスタイルになったらしい
西 組 道 行 き 曳き下し 打ち囃子 石橋、中切と同様「道行き」「曳き下し」「後戻り」(以上能管を使用)
「打ち囃子」(草笛を使用)の4曲を持つ最もオーソドックスなスタイル